黒ずみ毛穴と界面活性剤の関係

違う物質同士を合わせようとすると、必ず界面という境目ができます。 例えば、水に油を入れて混ぜ合わせても、完全に混ざり合うことがないのは界面があるからなのです。 化粧品というのは、水と油を混ぜ合わせて作るのですが、この時界面ができてしまうと化粧品として成り立ちません。 つまり化粧品を作るために使われるのが界面活性剤で、簡単に言ってしまうと、水と油を混ざり合うようにしてくれる物質になります。


界面活性剤には、界面を混ぜ合わさせる機能を持つものだけではなく、洗浄や乳化、発泡など用途に合わせた機能を持つ種類があります。 そのため、洗顔料はもちろん、化粧水や乳液、美容液、クレンジングから日焼け止めなどあらゆる化粧品に使われているのですね。 こういった万能の機能を持つ界面活性剤は、化粧品の生成には欠かせないものですが、残念ながら刺激が強いというデメリットを持ち合わせています。 界面活性剤の種類は、大きく分けると合成界面活性剤と天然界面活性剤の2種類になりますが、特に刺激が強いのは合成界面活性剤です。 最近はアミノ酸系や天然系という名前の合成界面活性剤もありますが、「系」というのは化学合成されているので、結果的に合成界面活性剤になります。


これは原価が安くて大量生産ができるので、一般のほとんどの化粧品に使われています。 機能的には優れているものの、刺激が強いということは肌や毛穴に大きな負担をかけたり、バリア機能を破壊するので、肌の乾燥を招いてしまいます。 すると、乾燥によって皮脂が過剰分泌されたり、毛穴の状態も悪化するために汚れが詰まりやすくなったりするので、黒ずみ毛穴を引き起こす原因となるのです。

 安くていい洗顔石鹸をこちらで確認!