黒ずみ・詰まり毛穴の汚れを取る顔の洗い方

毛穴に黒ずみは、毎日きちんと洗顔をしていればできることはありません。 洗顔をしているのに黒ずんでしまう、ということは、洗い方に問題がある可能性があります。 洗い方なんて、どんなものでも大差ないと思うかしれませんが、実は洗い方と毛穴の黒ずみには大きな関係があるのです。


洗い方というと、洗顔料を泡立てて優しく洗ってすすぐだけ、と思っている方も多いようですが、毛穴の黒ずみをしっかりとるための洗い方というのがあるのです。 そのポイントとなるのは、泡立て方と汚れの落とし方です。 最近は泡洗顔というのもポピュラーになっているので、洗顔料をしっかり泡立てている方も増えていますが、毛穴の黒ずみを取るには弾力があるということも大きなポイントです。 泡に弾力がないと、洗っている間に指や手のひらで毛穴にダメージを与えてしまうこともあるので注意してください。 手のひらや泡立てネットなどを使い、きめ細かいのはもちろんしっかりと弾力のある潰れない泡をたっぷり作りましょう。


その泡を黒ずみの気になる部分に乗せたら、泡を毛穴に馴染ませるようにして、小さな円を描きながら落としていきます。 この時大事なのは、指や手が肌に直接触れないようにすること、そして絶対力を入れないことです。 指や手が触れてしまうと摩擦が起きてメラニンが生成されてしまいますし、力を入れると毛穴に汚れを押し込んでしまうことになるので気をつけましょう。 この2点がしっかりとる洗い方のポイントになるので、ひと手間と時間がかかりますが、毎日の洗顔に取り入れてください。

 安くていい洗顔石鹸をこちらで確認!